ゴールデンの小吉さん♪

2011.6.15 愛知県生まれの男の子 生後10か月の時に里子として我が家にやってきました

胃捻転に なりやすい体質

11/6 日曜日



大型犬に 多いとされる 胃捻転ですが

手術の間 がんばって助かって という気持ちと

ずっと 何がダメだったんだろうと 考えていました




今日も しっかり完食 気持ちイイくらいの 食べっぷり
eeDSC05100.jpg
術後心配された 膵炎になると 食欲がなくなるので 膵炎は大丈夫そうです




胃捻転になったのは 手作りゴハンが良くなかったのかな 

食後にゴロンゴロンするのが ダメだったのかな

骨格が 胸が深い形なので 胃が動きやすいのかな。。。




今のところ 食後も ケージの中で 大人しくしてます
eeDSC05112.jpg
1時間半くらい寝てたので そのまま中に いてもらいました




術後 院長の話では 開腹したらすぐにわかったと 言われました

胃を支える 靭帯の機能が弱いため(伸びている状態) 

胃が動きやすく 胃捻転に なりやすい体質だったそうです

原因は 遺伝に起因するものではないか との事 




首とか耳を 自分で掻けないので 代わりにカキカキ
eeDSC05118.jpg
ホントに 気持ち良さそうやね




歳をとって 靭帯機能が弱まり 胃捻転になる場合もあるそうですが

体力のある若いうちに 胃捻転になり

手術が無事に成功し 再発防止の施術もしてもらったので

これも 運が良かったのかな と思っています




傷口の消毒を終えて 1号とお昼寝 大きな声で 寝言いってました
eeDSC05122.jpg
エリザベスカラーを 付けてても ちゃんと寝れてるようで 一安心




リビングに置いてたソファーは 飛び乗ったりするので  

傷口が開いては大変と思い 一時撤去しました

抜糸まで あと9日間   な ながい。。



コメントにお返事できず 申し訳ありません

読ませて頂き 嬉しい気持ちでいっぱいです 本当に ありがとうございます




ランキングに参加してます!

↓ よろしければポチッとおねがいしま~す♪
にほんブログ村 犬ブログ ゴールデンレトリバーへ
にほんブログ村
  1. 2016/11/07(月) 00:07:01|
  2. 病気
  3. | コメント:7

コメント

なるほど

なりやすい体質、遺伝…
1号2号さんがどれほど気をつけて小吉さんに接していらしたかは、ブログから溢れ出ていたので、『胃捻転で緊急手術』との記事は驚きと動揺でいっぱいでした😨
が、そういう事だったんですね。
突然発病してびっくりされたと思いますが、体力のある若いうちに再発防止の策もとってもらえたこと、不幸中の幸いだったのかもしれませんね。
小吉さんのおっとこ前とキュートな出っ歯をこれからも見られると思うと一安心です😊 小吉ファミリーお疲れ様でした👏🏻
それにしてもそのエリカラ、おしゃれじゃないですか💕
  1. 2016/11/07(月) 01:34:08 |
  2. URL |
  3. あらもん #-
  4. [ 編集 ]

とりあえず小吉が無事で良かったよ!
家族は大変だよな。でも本当に復帰出来て良かった
  1. 2016/11/07(月) 02:08:03 |
  2. URL |
  3. ひろゆき #-
  4. [ 編集 ]

しょうちゃん、おかえりー!!
術後の経過もよく、無事退院できてよかったねぇ!
自分のことのように嬉しいです。

胃捻転だと聞いて、私達だったらわかってあげられるかなぁ、と家族で話し合いました。
ナッツはチャキチャキの暴れん坊で落ち着きないし、ご飯食べたらお腹は普通に膨れるし、ゲップもおじさんなみ!
ゲップが増えるのと、お腹のガスで見分けられるかなぁ…

とにかく、おかえり(*^^*)
よく、頑張ったね!!ハグハグ♪
私への個別返信は不要ですよ♪
その分、ゆっくり休んでください(*^-^*)
  1. 2016/11/07(月) 07:53:20 |
  2. URL |
  3. ナッツママ #-
  4. [ 編集 ]

再び元気なしょうちゃんが見れて嬉しいです

うちは6歳の時で まだまだ元気でした。

2頭飼ってますので 食後はいつも仲良く 食後の運動してましたので それがいけなかったのか? 何がいけなかったのか 今でも分かりません。
 今でも うちの子も助かっていてくれたら せめて 動物病院まで行けていればと 悔やんでいますが しょうちゃんが助かってくれて 少しは うちの子も救われる想いがしています。

 これからも 会いに来たいとおもいますので どうぞ いつまでも元気で 可愛い仕草をみせて下さいますよう 宜しくお願い致します。
  1. 2016/11/07(月) 12:24:15 |
  2. URL |
  3. 237すよ。\(^▽^)/ #MMCIPnfw
  4. [ 編集 ]

家族だもの色々理由を考えるよね。でも先生の言う通り遺伝なら防ぎようがないね。小吉君が元気になれたのはパパさんママさんの愛情のおかげだね!食欲があるのは順調に回復してる証拠かな?カキカキらって気持ち良さそうだね^0^ブログ更新も無理しないでね。個別返信無用です。
  1. 2016/11/07(月) 13:43:39 |
  2. URL |
  3. ルル母 #-
  4. [ 編集 ]

小ちゃんの可愛い姿を見れて本当に嬉しいです。元気になって良かったぁ。胃捻転のお話、とても勉強になりました。

うちは先代犬のゴルを、1999年熱中症で死なせてしまいました。まだ3歳でした。悔やみながら何年も犬を飼うことが出来ず、6年後、2代目ゴルを突然迎えたんです。その仔も11歳で見送り、今はココロにぽっかりと穴が空いています。愛犬ブログで、小ちゃんや他のワンちゃんを見るのが一番の楽しみになっています。またいつか犬を飼いたいなぁ。

無事に抜糸が終わりますよう祈っております。

もう少し、頑張れ小ちゃん!
  1. 2016/11/07(月) 17:56:40 |
  2. URL |
  3. ラフmom #8qf1X2Yg
  4. [ 編集 ]

遺伝でしたか。
普通に平気で過ごしてる子も多いのにね。
ウチの先代たちは そんな感じでした。
ガウスは・・ ちょっとゲップが多いかなと思ってます。
要注意ですね。

とにもかくにも 元気そうで良かったです。
いつものように食べ いつものように寝言を言って眠ってくれるのは、幸せですね~。
急変しないよう いつまでもこの時が流れるよう祈るばかりです。


  1. 2016/11/07(月) 19:57:09 |
  2. URL |
  3. アルローラ #-
  4. [ 編集 ]

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する